2016年01月23日

かぎ針編みでクラッチバック〜作り方〜

こんばんわ、mikokoです(/・ω・)/

今アメブロにUPしていた記事をせっせと
seesaaブログの方にUPしなおしている訳なのですが
この後のアメブロってどうしたらいいんでしょうかね〜?
削除?放置?継続??
初心者ながら色々調べてランキングに登録してみたり
ping送信の設定などをしてみたんですが・・・
う〜ん・・・
取りあえず”保留”にしておきます(^^;)

早速ですが、今日は先日ブログにUPした
クラッチバッグの作り方を
ご紹介したいと思います('ω')ノ

↑これこれ〜💛
人気ブロガーさんっぽいコメント( *´艸`)
これを一度やってみたかったんです笑
アメブロでもやったんで正確には2度目です笑

今度こそ早速♪
クラッチバッグ.jpg

うう・・・UPで見ると横の幅が
ぴったり合っていないのが
ばれちゃいますね((+_+))

かぎ針は6号で
紺の毛糸を2玉とグレーの毛糸を
1玉ずつ使いました。

編み方は細編みだけで、すごく単純。
ひたすら長方形に編んでいくだけです。

大きさはどれくらいのものが
使い勝手がいいのかわからず
悩みましたが
小ぶりなものが作りたかったので
横26センチ×高さ17センチ
で作りました。

グレーの折り返しの部分は
高さ12センチです。
IMG_20151210_223750.jpg

写真へたっぴですみません(;´Д`)
とにかくこんな感じでひたすら
細編みを編みます。

IMG_20151210_224605.jpg
こだわった部分は留め具と内布をつけたところ。
(この写真は細編みを編み終わって
内布と接着芯、金具を置いてみたところです)

本格的な留め具を付けたく
ユザワヤや東急ハンズを見て回ったんですが
イメージしてたものがなく・・・
がオカダヤに普通に売っていました!



私が実際に買ったものではないのですが
写真の金具と同じ種類のものです。

足(?)が付いていて差し込んで
折り曲げて止めるタイプのものです。
(他にも色々留め具は売っていたんですが
どれも専用の工具がないと
付けられないそうなので
工具が必要ないこちらのタイプにしました)

バッグの蓋(折り返しのグレー部分)に金具が通るんで
そこを開けて編まないといけないのが
ちょっと難しいです💦

更に開けて編む部分も、バッグ本体に付ける
金具の位置と合わせないといけないので
ここも難しい・・・
でもそこは”適当さ”と”勘”で乗り切りましょう!
(説明になってなくてすみません(´;ω;`))

内布は、グレーのカモフラ柄に
黒のストライプが入ったものです!

接着芯という存在も
このときはじめて存在を知りました!
このクラッチバックに
果たして接着芯が必要なのか、?でしたが
しっかりしたものを作りたかったので
取りあえず一番薄いタイプのものを買って
内布とニットの間に入れてみました。

IMG_20151210_224653.jpg
表が編地なので、内布を付けるとき
針で縫いたくないな〜と思っていたんですが
そこでお店で見かけた裁縫上手を思い出し
早速購入。

これがちょ〜便利✨
糊みたいに出して付属のヘラで伸ばすだけ。

そのあとアイロンをかけて完成〜♡
(最初、ちょっと臭いが気になりますが
しばらくするとなくなります)
こんな感じです('ω')ノ


いや、、、ほんと文章で説明するって
大変ですね・・・><
息切れ状態ですわ。。苦笑

普段、他の方のブログを読んでいると
『あ、、そこをもっと詳しく知りたい・・・』と
思うことが多々あるんですが
自分のこの説明も突っ込みどころ満載。
わかっちゃいるけど・・・・
あまり長くなりすぎても
皆さん飽きてしまいますよね
(責任転換(;´∀`))


この辺で〜(*´з`)



にほんブログ村
【関連する記事】
posted by mikoko at 22:51| Comment(0) | 【手作り】かぎ針編み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。